公益社団法人 福岡県柔道整復師会

文字サイズ
標準
拡大

お役立ち情報 応急処置|公益社団法人 福岡県柔道整復師会

お役立ち情報 応急処置

骨折

骨折の目安は患部を動かしたり、触ったりすると激しく痛み、内出血による腫れや皮膚の色の変化、形の変化などが起こります。
このような症状の時は早急に専門の処置が必要になります。

応急処置

1)患部の安静。
2)添え木をあてて固定します(添え木は、身近にある雑誌・ダンボール・新聞紙などでも可能です)

脱臼

脱臼というのは、身体の関節がはずれてしまうこと。
柔道やラグビーなど、はげしくぶつかりあうスポーツにはつきもののケガで、 顎・肩・ひじ・指などによくおこります。

応急処置

1)無理に戻さないないでください。
2)包帯・三角巾・ネクタイ等を利用して固定します。

捻挫(ねんざ)

捻挫は関節を繋いでいる靭帯や血管を傷つけてしまったり、切れてしまった状態のことです。
足首の捻挫は非常に起こりやすいケガで、時に内出血で皮膚が変色したり、動かすことができなくなる場合があります。また、寝違えやギックリ腰も捻挫に含まれることがあります。

応急処置

1)患部を冷やし、包帯などで固定します。
2)患部は無理に動かさないようにします。
3)患部を心臓より高く上げ、安静を保ちます。

打撲

転倒して打ったり、物に強くぶつけたりして皮下組織や皮膚などの軟部組織の損傷を打撲といいます。

応急処置

1)打撲した部分を安静にします。
2)痛みや内出血を軽くするため、患部を冷やしてください。

挫傷(肉離れ)

運動中などに急に筋肉にしこりができたり、痛んだりします。 筋肉の組織である血管や筋繊維が切れて起こる症状です。

応急処置

1)患部を冷やします。
2)手足の場合は患部を固定します。